今日、3月11日で東日本大震災からまる7年がたちました。
 警察庁がまとめたところによると、2017年3月9日現在の死者は1万5895人、行方不明者は2539人。

 人々の記憶が少しずつ薄れていく中、いまだに元の生活に戻れない方がいることも忘れてはいけません。
 
 私たちは、毎年3月11日をきっかけに「命」のことを見つめなおさなければなりません。 

 命の大切さ。人の命は永遠ではないということ。
 
 何気ない日常がどれだけ大切であるかということ。

 私たちが何気なく過ごしている今日という日は、
 あの東北大震災で亡くなった人たちがどうしても生きたかった一日であること。

 あの人たちのためにも、どの一日も無駄にできない。
 
 今日は、そう思う日でした。

校内連絡