簡単に手に入るものは、簡単に役に立たなくなる。
  その一方で、手に入るのが困難なものは、一度それを手に入れてしまえば、
  誰もがそれを求めてその人のもとに集まるようになる。(『スタートライン』喜多川泰著より)

 この言葉は、小説『スタートライン』の主人公長森真苗の父の言葉です。
 この言葉の通りに、楽をして手に入れたりしたものはすぐに役に立たなくなります。
勉強にしろ、スポーツにしろコツコツと努力してできるようになったことは体や頭には残りますが、
そうではない技術や知識はすぐに忘れたりできなくなってしまうんですよね。
  
 楽をして何かを得ようと思わずにコツコツとやり続けるようにしたいですね。

校内連絡